お知らせ

新年に向けてのお札の祀り方・準備について(神宮大麻)

https://www.togakushi-jinja.jp/news/images/kamidana.gif

12月に入り、新年の準備を始められている方も多いのではないでしょうか。


お札の祀り方について簡単な図を作成しましたので、参考にしてください。

当神社では神棚は自宅にないがお札を祀りたい、またお守を受けたが、

毎日持つことが出来ないので自宅に祀りたいといった方にお受けいただける
神札・御守立て』〔2種類〕初穂料各500円もご用意しております。中社授与所窓口にてお受け下さい。

お札はお家や会社、ご家族皆様をお護りする大切なものです。

ご自宅や会社に神棚が無くてもお祀りいただけますので、是非お受けいただきお祀り下さい。

また、神棚の中心となる伊勢神宮のお札「 神宮大麻 」も中社の授与所にて頒布しています。(1体 800円)

jingutaima.jpg

※お札・お守はお受けになってから1年を目安に新しい物をお受けになると良いとされています。年始に新しいお札をお受けになることが難しい方は年内にお受けになり新年用とされても大丈夫です。

奥社授与所限定の「勝守(かちまもり)」の頒布は新年1月6日までとなります。

天の岩戸を神力無双の力をもって開いた「天手力雄命」をお祀りする奥社(おくしゃ)授与所のみで

頒布している「勝守」の頒布は新年1月6日までとなります。

※スポーツ必勝や勝負事、人生の中でご自身で勝負と捉えていることを勝ち抜けたい時に

お力をいただけるお守です。

奥社での授与をご希望の方は1月6日までにお受けください。

奥社での頒布再開は4月後半を予定しています。

※12月22日現在、車道・奥社境内・中社境内に雪はございません(一部日影を除き)

katimamori.jpg

↑ 「勝守」(2色) 白・黒 1体800円

令和2年厄年を迎える方はお祓いをうけましょう!「令和2年厄年一覧」

厄年とは、人生の一つの節目であるとともに、災いや災難といった『 厄(やく) 』

にあうことが多いため、忌み慎んで生活しなければならない年と言われております。

特に男性の42才・女性の33才は『大厄』(たいやく)とされ最も忌み慎む年とされています。

現代の医学的に見ても男性の40代は生活習慣病・女性の30代は女性特有の

病気の発生率が高くなり厄年とも重なる事が多いといわれております。

r2yakudoshi.jpg

新年は戸隠神社でお祓いをうけ一年を清清しい気持ちでお過ごしください。

新春特別祈祷は1月1日~1月6日まで毎日執り行っています。(2日午前を除く)

(午前9時30分~午後4時まで)

中社社務所電話番号 026-254-2001



令和2年 令和最初の新春特別祈祷のご案内

令和最初のお祓いは開運の神を祀る戸隠神社でお受け下さい。

戸隠神社では新年、元旦より1月6日まで(1月2日午前を除く)

毎日、午前9時30分より午後4時まで

一年にこの期間だけの『 内拝殿特別祈祷 』を執り行います。

御祈祷者の増加に伴い下記のお時間にて執り行っています。(御予約は不要です)

① 午前 9時30分開始 (受付締切午前9時20分)

② 午前10時15分開始 (受付締切午前10時00分)

③ 午前11時00分開始 (受付締切午前10時45分)

④   12時30分開始 (受付締切12時15分)

⑤   13時15分開始 (受付締切13時00分)

⑥   14時00分開始 (受付締切13時45分)

⑦   14時45分開始 (受付締切14時30分)

⑧   15時30分開始 (受付締切15時15分)

⑤   16時頃開始 

※人数が多数の場合は次の回にてお受けいただきます。

※最終16時の回は状況によりお受け出来ない場合がございます。

よりご神座近く、開運龍の下にて霊験あらたかなお祓いをお受けいただけます。

お申込みは、中社(ちゅうしゃ)の授与所窓口にて随時承っております。

新年は、特別祈祷をお受けになり、清らかで豊かな一年をお過ごしください。

皆様のご参拝をお待ちしております。(企業様の祈祷も同様に承っています)

※暖房器具を増設し、より暖かな殿内でお祓いを執り行います。

特別.gif



お問い合わせはお電話026-254-2001 

またはメールにて承っています info@togakushi-jinja.jp


冬期の御参拝もよりしやすくなりました。

今日も気温が上がり、階段を上がると汗ばむような陽気でした。

新年に備え「祈祷おみくじ」を引く方も多くお越しになりました。

画像は中社の正面より左側を回り緩やかに社殿前に続く「女坂(おんなざか)」の様子です。

画像の手すり付近、地面が白っぽく見える舗装の部分は電力により雪を溶かす「融雪舗装」です。

これにより女坂の数十メートルは全く雪が積もることなく安心してお参りしていただけます。

(その他、中社西参道のスロープも融雪舗装になっています)

onnazaka.jpg

前の5件 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13