戸隠古道道中



木々の隙間から太陽の光が降りそそぎ、鳥たちのうたを聞き、さわやかな風に吹かれながら歩く戸隠古道。

未舗装の山道を歩いたり、舗装された車道を歩いたり、長い階段を登ったり、上り坂を登ったりといろいろな道を歩くので、歩きやすい靴・格好でお越しください。

また戸隠の標高が1200m強ですので、夏でも時間帯によっては少し肌寒く感じることもあります。
季節・天気・時間・体調に合わせて対応できるよう準備を忘れずに!




大久保の茶屋
大久保の茶屋

一の鳥居から七丁、大久保の茶屋に到着です。
茶屋は2件あり、戸隠講の一行はここで名物の力餅を食べ、宿坊からの迎えの人馬と落ち合い、振る舞い酒で元気づけ戸隠に入ったと言われています。

茶屋は昭和15年(1940)に閉店、現在は蕎麦屋として営業しております。
明治23年(1890)、小説家・山田美妙も戸隠を訪れ「力餅には主人が白砂糖を振りかけてくれた」と記しています。


大久保の茶屋の力餅

 越えなづみ 此一つ家にたどりつき
   行きて越えゆく 力つく餅
                       久山理安


大久保の茶屋裏の祠

大久保の茶屋の裏に小さな祠があります。

夜な夜な九頭龍さまが遊びにくるとか来ないとか・・・( ̄ー ̄)ニヤ

さすが神話・伝説の地、戸隠です!!