熊の塔


一の午王橋供養塔の隣にある小高い丘の上、古道脇の林の中に大きな石を組み合わせた五輪塔があります。

下から地輪を意味する四角、水輪の丸、火輪の三角(笠)、風輪の半球、空輪の宝珠からなっています。高さは170センチほどあります。

江戸時代の【善光寺道名所図会】には熊の霊を祀ると書かれています。