戸隠神社

  • ホーム
  • 神前結婚式について
  • 神前結婚式
  • ご祈祷
  • 太々神楽
  • お問い合わせ

お知らせ

高千穂の里より

2011年1月11日

日本神話おいてもっとも大切な場所の一つ、九州宮崎は高千穂。

毎年、この時期に高千穂の子供たちがホームステイにて戸隠神社を参拝します。

今年も、高千穂町の副町長様をはじめとして1月8日にご参拝をしていただきました。

戸隠が合併前、まだ村だったころより高千穂町とは、姉妹町村の関係を結ばせて頂いており、

戸隠神社の神職も数年前研修にて高千穂を訪れました。

ご存知の方も多いですが、神話においても戸隠と高千穂は結びつきが強い場所です。

伊勢神宮に祀られる『天照大神』様が天の岩戸に御隠れになった時、

どのような方法をとれば、『天照大神』様にお出ましいただけるかを考えたのが

戸隠神社の中社(ちゅうしゃ)に祀られる『天八意思兼命』様で、その岩戸開きの際に

岩戸を神力無双の力で開けたのが戸隠神社の奥社(おくしゃ)に祀られる『天手力雄命』様です。

また、その岩戸の前で艶やかな舞いを舞ったのが戸隠神社の火之御子社に祀られる

天鈿女命(あめのうずめのみこと)様です。

高千穂に古来より伝わる重要な歴史書には、天岩戸を開けた際にその扉の一枚は

信州戸隠の『戸隠山』であるという事が記されております。

その点からも、高千穂と戸隠神社は日本でも有数の聖地として、セットで紹介して頂く事が

多いです。

伊勢と高千穂と戸隠、3か所を訪れていただくと、神話の奥深さと神様の結びつきを

肌で感じていただけるのではないでしょうか・・・

  • ブログ日記
  • 参拝の宿
  • 式年大祭