戸隠の歴史

雨乞いの話

戸隠の九頭龍権現と水に関わる伝説も有名です。

戸隠には今も日照りの時など雨乞いのために登山する信者が多くあります。そして戸隠の山奥にある種池という池からお水を戴き、桶にいれて戸隠神社にお供えし、そこで神主から雨乞いの祈願をしてもらい、その水を絶対に地につけないように大事に自分の郷里の氏神様の田んぼまで運び、そこで祈願の報告をして、それぞれの田んぼに注ぐと、たちまち恵みの雨を降らせてくれるという。そんな話を今でも聞くことができます。そしてそれは実際に行われてもいるのです。